web制作

ホームページを持つこと!が目的になっていませんか?

いまの時代Webサイトがあることが当たり前となってきていますが、本当に価値あるWebサイトはどの程度あるのでしょうか?
数年前(もしかしたら十数年前?)に作って、そのまま放置
なんてところも少なくないのではないでしょうか?

実際に古いデザインや動き、情報が止まったままのサイトを見かけます。そのようなサイトを見てユーザーがその会社に興味を持ち問合せをしようと思うでしょうか?

Webサイトに何を求めますか?

会社自体がもうないのでは??と不安に思う人も多いはずです。

ホームページは24時間365日年中無休で働く営業マン企業の顔です!

スマートフォンの普及によりインターネットは
一層身近なものとなり、年代問わず利用者数は
増え続けています。(右図)
つまり、インターネット環境がれば
いつでも・どこでも・だれでも
閲覧することが出来るWEBサイトは
企業イメージを決定づける重要なアイテム
となるのです。

しかしながら ただやみくもに作っても効果的なサイトにはなりません。
世界には星の数ほどのWEBサイトがあります。
インターネット統計サイト、インターネット・ライブ・スタッツの統計で2014年9月16日に世界のWEBサイトが10億件を超えたというデータがあります。

そんなに数多くあるWEBサイトの中から選ばれる存在になるためには、ブランディングを考えたWEB制作が必要不可欠です。
L’espoir(レスポワール)ではご依頼いただきましたお客様のニーズを踏まえ、
コンサルティング×情報設計×クリエイティブを融合し、強いブランディングを実践できる、より効果的なWEBサイト制作をご提案いたします。

年代別インターネット利用率(2002年と2014年の比較グラフ)
l'espoir-Webの特徴

ユーザーから深く信頼され、深く愛されるために企業理念・コンセプト・ユーザーメリットを正しく伝える価値あるWEBサイトを作っていきましょう!

WEBサイトを見る人は様々です。
見込客・顧客・取引先・自社社員やその家族・就活中の学生・転職希望者・金融機関関係者 などなど
また、その目的も様々です。

WEBサイトを見て
金融機関関係者が貴社に興味を持ちファンになってくれたら
就活中の有能が学生が「働いてみたい!」と思ってくれたら
会社の成長・安定に大きな影響が出てくることを想像できませんか?

見る人も見る目的も様々です!

サイトのイメージ

しかしその逆もあるのです。
どこかで貴社に興味を持ったユーザーがWEBサイトを訪れた時
古い情報しか載っていない・・・
見たかった情報が見当たらない・・・
そんな状況だったとき、ユーザーの貴社への興味は薄れ
信頼できるWEBサイトを持った同業他社に移ってしまいます。

星の数ほどあるWEBサイトの中から 何かの巡り合いで貴社のサイトを訪れたユーザーを
ただの通りすがりの人で終わらせない『価値あるWEBサイト』にするために
あなたなら何をしますか?

価値あるWebサイトを作るためには?
Top